システムトレード塾

システムトレードの津島朋憲が「システムトレード塾」投資を科学する「津島式FXシステムトレード」の著者が贈る投資情報と資産運用の戦略指針は必見

今日あたりのひとこと

日経平均1のスプレッド化について

投稿日:

コメント欄でのご指摘通り。
計算が間違っています。限月違いでした。
すべて4月で計算していました。
実際の損益計算値はもっと良くなります。
恥ずかしいですが、今から修正するのもどうかとおもうので、
対処を考えてみたいと思います(4月3日)
-------------------
20年6月限買い持ち
24日の寄りつきの値段で売り(寄付成行)
どう見ても下げ基調であるため、難解なスプレッドになります。
単純決済でも本日終値で63万円の利益になっているとは思いますが、
ここでどうしてもスプレッドを組む時のために
2種類の提案をしておきます。
●その1
現在の先物ポジションに加えて
6月限、コール12500円・1枚売り
6月限、プット11500円・1枚買い
大きな下げの場合にも11500円以下の値下がりのマイナスを
食らわないようにしてあります。
なお、このポジションは板上の本日終値で23万5千円の受け取りになり、
最大利益は6月SQが12500円以上のとき、95万5千円の利益
最大損失は6月SQが11500円以下のとき、4万5千円の損失です。
この間であれば10円につき1万円ずつ利益は減っていきます。
●その2
コール売りを
6月限、コール12000円、1枚売り
として、
6月限、プット11500円・1枚買い
を付加した場合
板上の本日終値で53万円の受け取りになり、
最大利益は6月SQが12000円以上のとき、76万円の利益
最小利益は6月SQが11500円以下のとき、26万円の利益です。
この間であれば10円につき1万円ずつ利益は減っていきます。
いずれも手数料を計算していません。
■日経平均オプション
5月限コール12000円買い持ち
18日朝時点での購入価格は66万5千円ですから、
5月限、コール12500円、1枚売り
5月限、コール13000円、1枚売り
とします。
本日終値ベースで
26万円の受け取りになっています。
単純決済でも23万5千円の利益ですから、それもありかもしれません。
このスプレッドの最大利益は
5月SQで
13000円以上の時、76万円から10円高くなるにつき1万円ずつ利益減少
(つまり、13760円より高い場合には、損失が増えていきます)
12500円~13000円のとき、76万円
12500~12000円のとき、10円安くなるにつき1万円ずつ利益減少
12000円以下のとき、26万円の利益
ということになります。
下げ基調がはっきりしている今、5月SQで12500円超えは
あまりないと思いますが、
下げ基調かでも短期的な戻しに当たればないとは言えません。
13760円より高い可能性となると、これまたほとんどないとは思いますが、
相場に絶対はありません。

-今日あたりのひとこと
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

大天井を突破しました

 ついに大天井を突破してしまいました。  本当に上昇相場なのかなぁ。

no image

僕の名刺の肩書きは

 僕の名刺の肩書きは、ちゃんと「相場師」とも書いてあります。トレーダーっていう肩書きでテレビに出てくる日本人は長続きしていない人が多そうな軽薄なイメージで嫌だったからです。海外と日本ではトレーダーの地 …

no image

日経平均先物は大きな節目の日になりました。

非常に大きな意味合いのある日になりました。 3月17日の底値を起点として、 その後はずっと高値も安値も切り上げて来ましたが、 最後の高値は14500円で切り下げましたし、 さらに最後の安値が13820 …

no image

日経平均は多少買い優勢

中期シグナルで売買交錯の上、多少買い優勢となっています。 あと10日間(営業日)ぐらいのことです。

no image

やられております、津島です

 やられております。津島です。  12月のコール系レシオすら決済しました。  複数のシグナルの様子としては、  この日経平均1で配信した ・15日の寄り付きでの売り決済(短期) を最後に、 ・16日の …