システムトレード塾

システムトレードの津島朋憲が「システムトレード塾」投資を科学する「津島式FXシステムトレード」の著者が贈る投資情報と資産運用の戦略指針は必見

今日あたりのひとこと

売れずのプット

投稿日:

チャート的にピリッとしないのかと思っていたら、
きれいに200日線で止まっていたんですね。
あまり平均線とかは見ないのですが、システム的にはトレンドフォローの王道の
見地ですから、結構役に立つはず。組み合わせは一考すべきですが、周期が長け
れば尚更です。
当面、6月6日の窓を開けっ放しの足を超えるのは難しいのではないかと思いま
す。
というわけで、次の上げ潮で7月限か8月限、コール15000円売りなどはど
うでしょう?今すぐというわけにはいきませんが、せめて14000円の回復を
待ちたいところですね。
翻って、諸般の事情< http://system-trade.jp/10nen.html >からプットの裸売
りはしない主義ですが、
・8月限、プット12500円、1枚売り
・9月限、プット12500円、1枚買い
(カレンダースプレッド)などは、少しですが期近でインフレしているIVの差
もおいしいような気がします。
あー、書き終わってみるとやっぱり怖いですね。
プット側はやっぱり自分では仕掛けきれないです。
8月、プット11000円を買い当てるとほとんど意味が無くなってしまいます
し・・・。
どうしてもということであれば
・8月限、プット12500円、1枚売り
・8月限、プット11000円、1枚買い
・9月限、プット12000円、1枚買い
かな。
やっぱりあまりおいしくありません。
仕掛けるにしても75日線を一度耐えきってからのほうが自然でしょうね。
もう2週間様子を見ればまだ可能性があるような気がします。

-今日あたりのひとこと
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

中期シグナルは売り買い交錯

ツライチで当面のショート撤退目処、10530円を守りましたね。 中期シグナルで改めて売り買いが交錯しており、 さらに短期的にも売買両方の指示が出ています。 絶対客観式は相変わらず売り維持ですが、 やは …

no image

なんと言っても下げ一色

さて、大概、稼げてきました。 さやかによる売り指示もおおむね順調ですしね。 商品や為替に関しては世界恐慌に際してどのようなことが起こるのかハッキリわ かりませんが、株価だけは確実に下がると言えます。 …

no image

ボラ低いですねぇ。

しかし、ボラが低いですねぇ。 嵐の前の静けさであるに違いないとは思いますが、 ここ一ヶ月に関して言えば、オプション売りが大変良いトレードだったわけです。 コールならともかく、プットで受け取り系のスプレ …

no image

中底を割り込みました

 いつのまにか、6月30日に23日の9510円が中底を形成していました。このため、7月8日の陰線でこれを割り込んだことになり、中期トレンドが転換しました。  これは3月16日に中天井を超えてから初めて …

no image

さらに中期で買い指示

 中期の買い指示が新しく出ました。  強力に買いです。  サービス配信です。  明日の寄り付きが10510円よりも高かったとき。  10500円で逆指値売り。大引けで決済。