システムトレード塾

システムトレードの津島朋憲が「システムトレード塾」投資を科学する「津島式FXシステムトレード」の著者が贈る投資情報と資産運用の戦略指針は必見

今日あたりのひとこと

9 9月コール135が売りやすいです。

投稿日:

下に理由を書きますが、
結論から言えば、
この値位置からは13660円超えをストップにして、
9月限コール13500円を売りたい雰囲気です。
同限コール14500円を買っておけば、
証拠金もあまり高くないと思います。
うまくいけば利益は30万円弱もありますが、
現状のレバレッジは0.3枚分で、
よほど大きな窓を開けない限り、
想定損失は数万円以内になると思います。
こういうときは原資産や先物の価格で逆指値注文が出来る
カブドットコムが便利ですね。
明日(29日)の高値が本日(28日)高値を超えなかった場合、
24日の高値が中天井を形成します。
6月26日以来、2ヶ月ぶりの中天井形成になります。
7月16日の中底形成からわずかに5本でしたが、
大勢、中勢下降波動の中の、上昇小波動とはこうしたものなのかもしれません。
24日の異常な高値が中天井を形成した場合、
次の中底が12680円より下で形成されるかどうかが焦点になります。
上で形成されれば、12680円が大底となりますが、
下で形成されれば、大底ポイントはもっと低いところに形成されます。
この場合は大底が3月17日の11610円を割り込むかどうかが焦点になりま
す。
ファンダメンタルから考えて、個人的にはこれよりも下で大底を形成すると思い
ますが、すべては過去に従って態度を決めれば良いことであり、未来を予測する
必要など全くありません。

-今日あたりのひとこと
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

チャートは中期的な上昇傾向に

日経平均1は5月も結構な利益で終わりつつあります。 売買回数が少ないので月単位では沈むこともありますが、 年単位ではかなり強力な利益エンジンですね。 他方、さやかによる売買指示がなかなか出にくい局面で …

no image

3000円・・・

1ヶ月で3000円の下げになりました。 地震ヘッジのため1000円で買っていた9月プット12000円が IV64超、105000円になっています。 さすがに45000円で1枚売りましたが、これでも45 …

no image

並び中底と、並び大底

チャート論からすると、9400円を割ったところにある 2回の並び安値(9390円、9370円)の割り込みと、 やはり本気の並び大底、9030円、9060円、9080円は 非常に重要なポイントになるはず …

no image

こんなのをポジショントークって言うんですか?

個人的には、3~6日の短期、 20~40日ぐらいの中期維持期間の日経平均先物システムを援用して オプションスプレッドを組んでいます。 そのうちの4日維持期間のものによって、 7日の寄り付きから買い指示 …

no image

日経平均先物の自動売買

 11月に日本実業出版からシストレ&オプションの上級本が上梓される予定ですが、その一部を含めたシグナル(日経平均先物)をひまわり証券で自動売買できるプログラムをある会社とのコラボレーションでもうすぐ開 …