システムトレード塾

システムトレードの津島朋憲が「システムトレード塾」投資を科学する「津島式FXシステムトレード」の著者が贈る投資情報と資産運用の戦略指針は必見

今日あたりのひとこと

早くも片足の中天井を形成

投稿日:

7月29日に13660円が中天井形成が確定したばかりですが、
今日の高値が28日の高値を超えていたため(わずかですが)、
片足の中天井(未確定の中天井)が形成されつつあります。
このまましばらく本日高値を超えない日が続いて
次の小天井が形成されれば、本日高値が中天井を形成し、
同時に先の13660円が大天井になります。
直近の大天井、大底を見直してみると、
1月22日、12510円、大底
2月27日、14130円、大天井
3月17日、11610円、大底
6月6日、14610円、大天井
であり、ここで大天井を形成すると
大底を形成せずに大天井が2連続で発生し、
しかも切り下げることになります
普通に考えればトレンド転換期に起こりやすいことだと思います。
だからどうかは検証していないので良くわかりませんけど、
13660円を超える可能性はかなり低くなると判断されるはず・・・。検証していないので明言できませんが。
もう、数週間も、夜中のアメリカCMEの日経平均先物が買い煽っているように
見えるのも不気味です。朝になってもほとんどさや寄せしない日もあります。
もともと成立の歴史からしてアメリカの意向に添ったものであった日経225先物ですし、
出来高の小さい市場で買い煽って、大きい市場で売るというのは常套手段でもあります。
結論としては、13660円を超えない限りは、
株価の見通しは非常に厳しいと思います。
下げ一辺倒でも良いぐらいであるかに思いますね。
時期がわかりづらいだけに、10月などのデビットスプレッド
プット14000円買い
プット13500円売り

プット13500円買い
プット13000円売り
などはあり得るかもしれません。
他方、今回の「さやか」は外しそうですね。
久しぶりの損勘定です。

-今日あたりのひとこと
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

出来高が小さいですね

 なんだか異様に日経平均先物の出来高が少ないような気がするんですが、気のせいでしょうか。    出来高を小さくしながら上昇する相場には上昇力がないとは良く言います。検証したことはありませんが、実際どう …

no image

中天井を守るかどうか

先日の9370円はその前の中底9390円をブレイクしており、 最後の中天井は9970円です。 つまり、9970円を超えない限り、絶対客観式トレンド計測法では 明確な下落トレンド中ということになります。 …

no image

大天井突破

結局、大天井突破です。 しかも、別のロジックに立っている売り指示がすべてキャンセルor買い指示になりました。 これほど激しい転換は見たことがありません。 というわけで、買いでしょうか。 僕の相場観では …

no image

チャートは中期的な上昇傾向に

日経平均1は5月も結構な利益で終わりつつあります。 売買回数が少ないので月単位では沈むこともありますが、 年単位ではかなり強力な利益エンジンですね。 他方、さやかによる売買指示がなかなか出にくい局面で …

no image

大きな傷になりましたね。

 小天井形成です。  これだけの傷が入ると  さすがに金曜日の高値が当面の中天井を形成するのではないかと思うのですが・・・。  4月に入ってからの下げに期待です。