システムトレード塾

システムトレードの津島朋憲が「システムトレード塾」投資を科学する「津島式FXシステムトレード」の著者が贈る投資情報と資産運用の戦略指針は必見

今日あたりのひとこと

7月16日、12680円の大底化を試す日々

投稿日:

昨日は見落としていましたが、
昨日の安値より今日の安値が安くなければ、
7月16日12680円が大底化する日でした。
これは来週の月曜日でも同じで、
来週の月曜日の安値が今日の安値よりも安くなければ
上記の大底化はおこります。
もしそうなったとすると、
大底と大天井が狭まってくるいわゆる持ち合い三角の形になります。
まー、結果的にはチャートもそう見える形になっていますけどね。
前回の大底は3月17日で、大天井は6月6日なので、
トレンドラインがキレイに三角形になっています。
一般的にはどちらかに抜けることになっていますし、
5、6月の高値も三尊天井に見えますし、
その日は近いのではないかと思いますね。
個人的にはシステムトレード的根拠無く下抜けだと思いますが、
未来のことはわかりません。
抜けたときには直近大天井(13660円)と、
直近大底(12680円)のどちらかを抜けて動くでしょうから、
実務的には逆指値注文を売買の両方に入れて
抜けた方について行けば良いだけの話で、
過去に対処するだけでトレードは可能です。
しかし、ここからのボラブレイクは楽しそうだ~!
ちなみに、月曜日の安値が5日の12890円を下抜ければ
当面、7月16日12680円が大底になる可能性はありません。
今日は平野友朗さんと書籍購入特典の対談でした。
楽しかったです。

-今日あたりのひとこと
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

中期シグナルは売り買い交錯

ツライチで当面のショート撤退目処、10530円を守りましたね。 中期シグナルで改めて売り買いが交錯しており、 さらに短期的にも売買両方の指示が出ています。 絶対客観式は相変わらず売り維持ですが、 やは …

no image

ただ一回だけ、未来予測をしてしまった日(恥・・)

ついに本格的な下げに突入したようですね。 225に関して、この状況でははっきりと売り推奨します。 出来れば戻りをまちたいところですが、 大ひけ間際の強烈なIVの上昇を見ると、 明日の朝は下に窓を開けて …

no image

ひとつめの節目が見えただけです。

さて、これで22日高値が一つの目安になりましたが、 だからといってこれを超えないかどうかは全然わかりません。 たぶん超えないと思いますけどね。わかりません。 もう一度小天井を形成すれば、22日高値がひ …

no image

中天井を守るかどうか

先日の9370円はその前の中底9390円をブレイクしており、 最後の中天井は9970円です。 つまり、9970円を超えない限り、絶対客観式トレンド計測法では 明確な下落トレンド中ということになります。 …

no image

ブレイクアウトはしているのですが・・・

 下にブレイクアウトはしているのですが、あと数十円でバブル来最安値を切れません。そこから先は一気に走ると思うのですが、それがSQ前なのか、後なのかわかりませんねぇ。