システムトレード塾

システムトレードの津島朋憲が「システムトレード塾」投資を科学する「津島式FXシステムトレード」の著者が贈る投資情報と資産運用の戦略指針は必見

今日あたりのひとこと

7月16日12680円が大底になりました

投稿日:

7月16日12680円が大底が確定しました。
しかし、金曜日に書いた
「もしそうなったとすると、
大底と大天井が狭まってくるいわゆる持ち合い三角の形になります。」
という話は早くも上抜けた様にも見えます。
やはり慣れない見方はすべきじゃないですね。
前回中天井13490円を超えませんでしたので、
下げ堅持です。
ここを超えても、大天井13660円までありますけどね。
現在はこのトレンド判断に従い売りポジを持っていますが、
大底が決定したことで上抜ける可能性も出て来ました。
さて、12680円と13660円のどちらを超えるかですね。
早晩、どちらかは超えてくると思います。

-今日あたりのひとこと
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

抜けずの大底

8月5日の12890円(中底)はあっさり抜けたものの 7月16日の12680円(大底)はあとすこしのところで抜けませんね。 細かいことを言えば、先物価格に織り込まれる利率分を考えると、 (今日の終値の …

no image

これでも下げトレンドが変化する可能性はほとんど無いんですが・・・

さて、昨日言っていた節目の9240円が目前に迫ってきました。 ここでこの水準を超えても、中天井を形成するだけの可能性がありますが、 そうなると損切りの節目が明確になりますので、 かなり売り仕掛けやすく …

no image

日経平均先物は大きな節目の日になりました。

非常に大きな意味合いのある日になりました。 3月17日の底値を起点として、 その後はずっと高値も安値も切り上げて来ましたが、 最後の高値は14500円で切り下げましたし、 さらに最後の安値が13820 …

no image

絶対客観式によるレシオスプレッド

特許申請中のチャート観測法「絶対客観式トレンド計測法」では、 前回中底を今日の10120円で下抜けております。 この見地からは10770円を超えない限りは、売り維持になります。 そこまで深い損切りに耐 …

no image

日経平均は多少買い優勢

中期シグナルで売買交錯の上、多少買い優勢となっています。 あと10日間(営業日)ぐらいのことです。