システムトレード塾

システムトレードの津島朋憲が「システムトレード塾」投資を科学する「津島式FXシステムトレード」の著者が贈る投資情報と資産運用の戦略指針は必見

今日あたりのひとこと

抜けずの大底

投稿日:

8月5日の12890円(中底)はあっさり抜けたものの
7月16日の12680円(大底)はあとすこしのところで抜けませんね。
細かいことを言えば、先物価格に織り込まれる利率分を考えると、
(今日の終値の9月と12月の価格差が50円なので)
一ヶ月15~20円ぐらいとして実質60円程度の踏みとどまりです。
この大底をつけたのはすでに9月限が中心限月に回った後のことですし、
それだけに抜ければ出来高が全くないところなので、
下げる速度は速いかもしれません。
裏を返せばここで練っていると
12月が中心限月に回ってからの下げはより加速するでしょうね。
焦れますが、仕方がありません。
もう一度戻すかもしれませんね。
その戻りが13470円を超えることはないと思いますが、
値が付いてみないことにはわかりません。
少し戻せば、
12月限のプット
11500円、買い
11000円、売り
などはあり得るかもしれません。
現状すぐに仕掛けてもリスクリターン比で5倍前後はあるようです。
ただ、売り板、買い板が離れていることが多いと思いますので、
仕掛けにはご注意下さい。

-今日あたりのひとこと
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

日経平均は多少買い優勢

中期シグナルで売買交錯の上、多少買い優勢となっています。 あと10日間(営業日)ぐらいのことです。

no image

短期モメンタムを捉えるシステム

サービス配信です。 15日の寄り付きが12020よりも高かったとき 12010円で逆指値売り 大ひけで決済 ラージで仕掛けるのなら、 大ひけで大きく利益が乗っていれば 同限月のプットオプションを売り当 …

no image

7月16日12680円が大底になりました

7月16日12680円が大底が確定しました。 しかし、金曜日に書いた 「もしそうなったとすると、 大底と大天井が狭まってくるいわゆる持ち合い三角の形になります。」 という話は早くも上抜けた様にも見えま …

no image

中勢下げ波動ですが・・・

7月16日が小天井を形成していましたが、これは窓を開ける形で抜けてしまいました。小波動上昇になっている様子です。 ただし、中天井は7月1日の10090円ですので、 ここを超えない限り中勢下げ波動とみな …

no image

日経平均先物の自動売買

 11月に日本実業出版からシストレ&オプションの上級本が上梓される予定ですが、その一部を含めたシグナル(日経平均先物)をひまわり証券で自動売買できるプログラムをある会社とのコラボレーションでもうすぐ開 …