システムトレード塾

システムトレードの津島朋憲が「システムトレード塾」投資を科学する「津島式FXシステムトレード」の著者が贈る投資情報と資産運用の戦略指針は必見

今日あたりのひとこと

これでも下げトレンドが変化する可能性はほとんど無いんですが・・・

投稿日:

さて、昨日言っていた節目の9240円が目前に迫ってきました。
ここでこの水準を超えても、中天井を形成するだけの可能性がありますが、
そうなると損切りの節目が明確になりますので、
かなり売り仕掛けやすくなります。
中天井を形成すれば9月22日以来になります。
この中天井が12250円を超えてこなければ下げトレンドは継続ですので、
中期的な買いなどあり得ません。
12250円を超えることなどあるのでしょうか。
どちらにしても、中天井を形成してから「過去に基づいて」行動すればいいこと
であり、未来を予測する必要はありません。
個人的には12月のコール売りかなと思ってます。
もうATMを売る勢いです。
少し気が早いですが
ローリスクポジションであれば
12月P6000買い
12月P5500売り
などはお勧めかもしれません。
そういえばずっと前にお勧めした
12月P11500円買い
12月P11000円売り(だったかな)
は、50万円がほとんど確定していますね。

-今日あたりのひとこと
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

1:3で売り

新たにボリンジャーバンド系のシグナルで売り指示が出ました。 このシグナルは12月発売の日本実業出版のシストレ&オプション本で完全紹介してあります。 つまりこれで1:3で売りです。 10月、プット975 …

no image

7月16日12680円が大底になりました

7月16日12680円が大底が確定しました。 しかし、金曜日に書いた 「もしそうなったとすると、 大底と大天井が狭まってくるいわゆる持ち合い三角の形になります。」 という話は早くも上抜けた様にも見えま …

no image

三角持ち合い

見事な三角持ち合いですね。 どちらかに放れるはずなのですが・・・。

no image

日経平均先物は大きな節目の日になりました。

非常に大きな意味合いのある日になりました。 3月17日の底値を起点として、 その後はずっと高値も安値も切り上げて来ましたが、 最後の高値は14500円で切り下げましたし、 さらに最後の安値が13820 …

no image

中期シグナルは売り買い交錯

ツライチで当面のショート撤退目処、10530円を守りましたね。 中期シグナルで改めて売り買いが交錯しており、 さらに短期的にも売買両方の指示が出ています。 絶対客観式は相変わらず売り維持ですが、 やは …