システムトレード塾

システムトレードの津島朋憲が「システムトレード塾」投資を科学する「津島式FXシステムトレード」の著者が贈る投資情報と資産運用の戦略指針は必見

今日あたりのひとこと

G7無策というが・・・

投稿日:

方々で書かれていることなので、
無策ぶりそのものは僕ぐらいが繰り返して書いてもしょうがないのですが、
個人的には
「なーんだ、日本人だけが危機に対して無策なわけじゃないじゃーん」
という、マイナス思考の安心感を得られました。
失われた十年(世代generationではなく、decadeのほう)とかなんとか言っても、それが日本に特有の無策かと思ったからそうじゃなかったわけですよ。事大に陥って、僕らだけが僕らだけがとあわてなくても「世界標準でそんなもん」かもしれないわけです。戦略的予測力の違いはあると思いますけどね。
ぐっちーさんなどはアメリカ30年国債の入札状況をして
すでに「4.5%程度の利率で金を貸すことが出来ない程度の信用しかアメリカには残っていないのだ」と言っています。まぁ、そのとおりでしょう。
被占領性通貨である円も、その低い信頼感の付属物でしかないわけです。
くれぐれもみなさんのポートフォリオをご自愛下さい。

-今日あたりのひとこと
-

執筆者:

関連記事

no image

中期シグナルは売り買い交錯

ツライチで当面のショート撤退目処、10530円を守りましたね。 中期シグナルで改めて売り買いが交錯しており、 さらに短期的にも売買両方の指示が出ています。 絶対客観式は相変わらず売り維持ですが、 やは …

no image

チャート上は上昇基調になりました

チャート上は7日の14210円も上抜けて、 きっちり上昇傾向を示しつつあります。 その意味では7日に抜けていたわけですから、 絶好の買い場だったのかもしれません。 チャーティストとしては、数ヶ月単位で …

no image

絶対客観式によるレシオスプレッド

特許申請中のチャート観測法「絶対客観式トレンド計測法」では、 前回中底を今日の10120円で下抜けております。 この見地からは10770円を超えない限りは、売り維持になります。 そこまで深い損切りに耐 …

no image

あーららっと

 踏ん張るかと思いきや、傷を入れてしまいました。  この先の目処はだいぶ深いですから、  ストレートに下げるかどうかはイマイチわかりません。  いずれ下げるにせよ、その道中がストレートではない可能性が …

no image

時期がわからないこの方法・・・

 前回切り下げの中底7580円を切るのが楽しみで仕方がない今日この頃です。  絶対客観式では時期については言及できませんからねぇ。