システムトレード塾

システムトレードの津島朋憲が「システムトレード塾」投資を科学する「津島式FXシステムトレード」の著者が贈る投資情報と資産運用の戦略指針は必見

[安価]津島が友人・親戚だけに送った緊急出版「資産防衛法」

2010年10月現在、リリースから1年数ヶ月が経ち、時事的な内容については情報が古くなりましたが、
本質的なことは全く色あせていませんし、人によっては「当たってますね」と言われます。
主に金地金のその後の価格動作についてだと思います。

状況は継続・進行中であり、この程度の状況で「当たっている」とは思いませんし、
まだまだここに書いてあることは有効です。

示唆している内容には一貫した課題解決性がありますので、当初の内容のままリリースし続けます。

すでに始まっている大恐慌にどう資産を備えるのか

資産規模が数万円の人でも可能な方法を含めて書いてみました。

あなたは通貨破綻、金融破綻のその時までに何もしないで過ごすことを、後悔しないでしょうか?
本当に資産が無くなっても、守れれていても後悔はしないでしょう か?

大切な資産をどう管理するか、どう守るのか

銀行貯金は危険?

借金は今がチャンス?

お金よりも確かなものとは?

今までの資産管理の常識を覆す、津島が本気で考えた資産防衛の数々を公開。

サブプライムローンやリーマンショックによる株大暴落やジンバブエの超インフレなど・・

みなさんが勝手にあり得ないと考えていることが、どんどん現実になっています。
リーマンショック後だけでも、破綻した国はアイスランドとベラルーシ(白ロシア共和国)があります。

余談ですが、自分はNGOの「チェルノブイリ医療支援ネットワーク」の活動で4回、ベラルーシに行ったことがあります。
旧ソ連は裏経済が充実しているので、おそらく通貨破綻の影響は日本などよりは遥かに少ないです。

ドル崩壊の可能性とは・・・あなたは資産を守り切れるか?

自分は「最終的にはドルが世界通貨であることは変わらない。がその経過ではかなりのことが起こる」と考えています。

様々な混乱がいつ起こるかは分かりませんが(期日を明言した予言は当たらないというジンクスがありますし)、
可能性としては十分ありえると思います。1980年から2000年までの20年間にも、

事実上の通貨破綻に陥った国は、タイ、アルゼンチン、韓国、ロシア、ブラジルなど、
みなさんが普通に聞いたことがある国がたくさんあります。資本主義に於いて、通貨の破綻は普通のことです。

日本も20世紀にすでに2度通貨破綻しています。

もしそれが現実となったとき、銀行や債権に頼ったところで資産の防衛にはなりません。
今の世の中の情勢を見ていると、何事もおきない可能性は、ほぼないと皆さんもお分かりではないでしょうか。
しかし経済がボロボロになっても、無事に生き残っている人たちはいます。

この資料は津島が友人・親戚に伝えたリアルな情報で、本気で動けばすぐできる資産防衛術が具体的に書いてあります。

これを実践するには「わずか数万円から可能」です。

「危機対策法!!あなたの資産が危ない!!」と煽ると売れやすいんですが、僕は煽らないキャラなので・・・。

なお、実践される方はお早めに。対策が遅くなればなるほど、対策の価値は下がります。

投稿日:2010年9月3日 更新日:

執筆者: